【ザイルさん《28》】前回トラウマを打ち明けられた事で《彼とはもう知らない仲じゃないし》と、妙な余裕が生まれてしまう【ネット婚活】

↑前回の記事です


いつでもヒマ発言といい、bot並の返信スピードといい、

《ザイルさん…いくらなんでもヒマすぎない?疑惑》が生まれてしまったわけですが

早く返信寄越せ的な催促をされた訳でもないし、既読スルーされるより全然いいので《まぁいいか……》で済ませました

好意持ってる人が即返信してくれるなんてそりゃー嬉しいに決まってますもん


その後ラインで毎日こつこつ親交を深めて行き…

あっっという間に約束の日に!!

さすがに3回目なので、今までのように緊張してガッチガチという事はなく

前回トラウマを打ち明けられた事で《まぁザイルさんとはもう知らない仲じゃないしねー》と妙な余裕まで生まれてしまう

おさだ
おさだ

それに今日はザイルさんにあれやそれやと聞きたい事が沢山あるので、忘れないようにしないと…!

ザイルさんといるとザイルさんのほや〜っとした空気に馴染みすぎてしまうので、本日の目的を思い出しながら《よっしゃ行くぞ!!》と意気込む

今日は私が先に待ち合わせの場所に着いたので、ラインを開いて《着きました!》と文字を打っていると……

ザイル
ザイル

……ぉさだちゃ〜んっ

その声に顔を上げると、

向こうから小さく手を振りながら小走りで駆け寄ってくるザイルさんを発見!

どうみても成人男性(それもデカくてゴツい)なのに、その姿がヒロインさながらとても可愛らしく見えてしまって…

私の脳もう手遅れかも知れない

《28》へ続く