【婚活サイト】孝太郎と由紀夫と私【10】

浮かれたり緊張したり、私なりにデート気分を楽しんでいたわけです…が!

休日のショッピングモール内は激混みで、人に揉まれに揉まれ、日ごろの運動不足が祟り体力ゲージがどんどん下がっていく…

流石に休憩させてくれぃって言ったほうがいいよな…というときに

ユキオ
ユキオ

どこか入ろうと見てたんだけどどこも混んでるし、

フードコートで何か軽く食べましょうか。

おさだ
おさだ

あー!!…そうですね

そうしましょう!!!

ユキオさん!スバラシー提案をありがとう!!

しかもやみくもに歩き回っていたわけじゃなく、どこか入れないかと何気に見てくれてたのも嬉しかったのでした。


フードコートも人まみれでしたが、奇跡的に一席空いたところをユキオさんが超スピードで確保してくれました!(ユキオさんかっこいい!)

アイスを食べながら椅子に座ってるのって一番幸せな瞬間かもしれない…と思いながら、ユキオさんとお喋り。

しかし、

先ほどのユキオさんの美意識に触れてしまったことで、こう対面して喋ってると…どうも自分の見た目や仕草が気になりだす…

《今私、歯むき出して笑ってなかった!?》から始まり、最終的に《さっきの風でもしかしたら鼻毛が出たかもしれない!!》まで飛躍しはじめました。

そうなると鼻毛の出が気になって仕方ない!

ちゃんと処理してるつもりだけど、なんらかの奇跡が起こって、ゲーハナの生き残りが自らを主張するかのように飛び出してる可能性もある!!!(嫌な奇跡)

もういてもたってもいられず「すみません、ちょっとまたトイレに…」と一旦逃げ出すことに。


トイレの鏡で確認しましたが、当然と言えば当然ながら風ごときで鼻毛が出るはずもなく、メイクも崩れていなかったので一安心。

早々とユキオさんの元に戻ろうとしたのですが…

さっきよりも人が増えていて、どこにいたのかが完全に分からなくなってしまいました!!

おさだ
おさだ

(…え~どこだっけ…こっちのはずだった…

違うラーメン屋じゃなくて中華っぽい店の近くで…

……あ!あの席ユキオさんかも!?)

―― その時、事件は起こりました 

(これユキオさんだよね?)とイマイチ判断がつかず、ユキオさんらしき男性の背後からひょこっと見下ろしたんです。

すると…

操作していたであろうスマホの画面が《バーーーン!!》と思いっきり見えてしまいました

こここここれは…! 

めちゃくちゃ見覚えのある色合いにレイアウト…い、いい

いーやこれ 私達が知り合った婚活サイトォ!!!!????

言い訳しても仕方ないんだけど、本当に見るつもりはなかった!

見るつもりはなかったけど!確実に女性会員のプロフページか何かで黒髪ロングの女性らしき写真までバッチシ見えてしまった!!

すると、ただならぬ気配を察したのかユキオさんがくるっと振り向いてきたので、慌てて私もくるっと回る!!!!(なぜ?????)

めちゃくちゃカオスな光景になっちゃったけど、こちとら大大大パニックなのでね!!!!

いいや盗み見したくてしたわけじゃないんです!故意ではないけど盗み見になるのこれ!?

なんで黒髪女性!?壇蜜みたいな写真だったけどもしかしてみんなあんな気合入った写真載せてるの!?私が知らなかっただけで全女性壇蜜!!??

脳内PC(ポンコツ)の処理が追い付かなくなり、どうでもいいデータまで脳を駆け巡る

というか後ろ姿で私だってバレバレだろうし、背中を向けること自体めちゃくちゃおかしい奇行そのものなわけで…

意を決して振り返り、早口で一言。

引きつるおさだ
引きつるおさだ

…あ、あー

ト、トイレ混んでてしかもそれで人凄くて迷っちゃって

遅くなっちゃいました~…お、おまたせしました~…

不自然!!!!

こう描くとコミカルにしか見えないかと思いますが、この瞬間本当にめちゃくちゃショックで頭の中は空っぽ状態でした…